FXの興味深いところは一つだけの金融商品ありながら資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」のうちいずれを選定するのかということによって出資の方策が違う部分にあると言われます。

最初は外貨への投資の「長い時間をかけるスタンス」に関して考えてみよう。

長期スタンスというのは一年以上の長期の出資が前提とされています。

基本的に為替相場においては、一年以上経った後の為替の相場がが円高と予測するか、もしくは円安だろうかを予言するなんてことはほとんどの場合無謀に違いありません。

実際は「そんなに後々の動きは予測できない」となるのが実際のところでしょう。

予想もできないものを懸命に予言しようと努力しても、それは無茶苦茶なものです。

そのことから外貨を買ったと仮定して、そのタイミングでの価値よりも円高に変動したとしても近い将来円安になるだろうという気楽な思いで売り買いに取り組むことが大事です。

儲けを熱心に狙うだけでなく、別の方法での差益、要はスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるということを望みとしてやってみましょう。

当たり前ですが、ちょっとの間で為替の差損に損が非常に大きく膨らんでしまうこともあります。

よってそんな損でも問題ないようレバレッジを少なめで売買することが大事です。

外国為替証拠金取引は損失がある金額よりも拡大すると追い証を払わなければならなくなったり、ストップロスになってしまったりします。

ストップロスになったらさっさと売り買いを清算せざるを得なくなり、長期のトレードがダメになります。

こういったリスクを抑えるためにはレバレッジ2?3倍くらいでトレードするのが安心です。

第二に中期スタンスのケースの売買に関してです。

中期投資のケースでは、2ヶ月程先を推測してのトレードです。

為替のトレードの際、約1ヶ月先のことはおおかた、推測しやすいかと思います。

G7などのような国際的な会議の話題、為替の市場に参加している人たちがどんな事柄に注視しているかを考えてみればおおよそ、推測できるのです。

こうした経済の状態を見る一方で、グラフをチェックすることで、レートの動きを把握する事ができどちらのポジションかを見極める方がいいと思います。

基本的に、ファンダメンタルズとテクニカルのどっちも良い感じでありもしくは買いが一致している時はほとんど思った通りに変動すると考えて良いでしょう。

その時は持ち金を増やすことによってより一層多くの儲けを手に入れられるのはほぼ確実です。

最後は短期の重要点。

ここでの短期のトレードというのは、すなわちデイトレードのことを意味しています。

為替相場でデイトレーディングを行う時は、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絡んでいないと断定していいです。

というのは翌日の為替レートの動向に経済情勢は絡んでいないからです。

ここでの最大のコツは目を引くイベントがあることで、それが影響して為替相場がかなり動く瞬間を見過ごさないよう行動しましょう。

たとえば米国にて雇用情勢が提示される、あるいは金融政策などにより制作金利が変わるという行事。

このような絶好のチャンスに変わり様を見逃さないとの理由で、短期スタンスは専門的な要素が必須となる。

Link

  • 世の中で一番かわいい生き物!
  • 国家資格が欲しいけれど。
  • 中国人から見た日本のお弁当
  • 手術前の検査を受けて入院の予約をしました
  • 資格そのものではなく知識を身につける
  • 宝くじをドコに置こうかな。
  • 色々あってもやはり子どもは可愛い
  • 子供のころ憧れていた習い事
  • 初めてLCCを利用してみる
  • 簡単にバストアップ出来る方法
  • 美肌を目指せ!簡単自宅エステ
  • ピリ辛キムチ鍋で冷えを解消
  • 冬ファッションにおいてのオススメの方法
  • 最適な疲労回復方法は睡眠
  • 冬になると出れなくなるお風呂
  • 湯船につかるだけで腰痛が治りました
  • 廃車にしようと思っていた車が・・
  • 彼氏のために育毛グッズをプレゼント
  • 歯科矯正を行ったきっかけと食べ物について
  • 車好きな夫と離婚したいです
  • 短時間利用に最適なカーシェアリング
  • しんどくないエクササイズを続けてみましょう
  • マイナス面となります
  • 調べてみるというのも
  • 車に乗ってサービスエリアへ!
  • 算出してもらって対抗させることにより
  • 債権者との和解による任意整理
  • トルコリラなどが重要な通貨において
  • 大口のサラリーマン金融から断られるよう
  • 朝オレンジダイエットや青汁減量などの
  • もしこの作業をしないままにしていたら
  • 誇大な言い方をすると
  • ことで良いというだけのことになります
  • 少なめで売買することが大事です
  • 保持しているのがごく当たり前の世の中になった故
  • Copyright © 1997 www.bygarlands.com All Rights Reserved.